AXSA:2016-325:01

リリース日: 
2016/05/11 Wednesday - 02:14
題名: 
file-5.04-30.AXS4
影響のあるチャネル: 
Asianux Server 4 for x86_64
Asianux Server 4 for x86
Severity: 
Moderate
Description: 

以下項目について対処しました。

[Security Fix]
- 正規表現での検索の間、file がデータの読み込み量を適切に制限しておらず、awk ルールの処理中にバックトラックのきっかけとなる巧妙に細工されたファイルによって、リモートの攻撃者がサービス拒否 (CPU の消費) を引き起こす脆弱性があります。注: この脆弱性は CVE-2013-7345 の不完全な修正によるものです。(CVE-2014-3538)

- PHP の Fileinfo コンポーネントで使用される cdf.c の cdf_read_property_info 関数には、整数オーバーフローが存在し、巧妙に細工された CDF ファイルによって、リモートの攻撃者がサービス拒否 (アプリケーションのクラッシュ) を引き起こす脆弱性があります。注:この脆弱性は CVE-2012-1571 の不完全な修正によるものです。 (CVE-2014-3587)

- PHP の Fileinfo コンポーネントで使用される file の readelf.c の donote 関数は、十分なノートヘッダが存在するかを確実にしておらず、巧妙に細工された ELF ファイルによって、リモートの攻撃者がサービス拒否 (境界外からの読み込みとアプリケーションのクラッシュ) を引き起こす脆弱性があります。(CVE-2014-3710)

- file の ELF パーサ (readelf.c) には、大量の (1) プログラムあるいは (2) セクションヘッダ、あるいは (3) 不正なケーパビリティによって、リモートの攻撃者がサービス拒否 (CPU 消費あるいはクラッシュ) を引き起こす脆弱性があります。(CVE-2014-8116)

- file の softmagic.c は適切に再帰を制限しておらず、リモートの攻撃者がサービス拒否 (CPU の消費あるいはクラッシュ) を引き起こす脆弱性があります。(CVE-2014-8117)

- file の ELF パーサには、大量のノートによって、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす脆弱性があります。(CVE-2014-9620)

- PHP の Fileinfo コンポーネントで使用されている file の readelf.c は、pread コールが利用可能なデータの一部しか読み込まないことがあることを考慮しておらず、巧妙に細工された ELF ファイルによって、リモートの攻撃者がサービス拒否 (初期化されていないメモリからの読み込み) あるいは詳細不明な影響を与える脆弱性があります。(CVE-2014-9653)

解決策: 

パッケージをアップデートしてください。

追加情報: 

N/A

ダウンロード: 

SRPMS
  1. file-5.04-30.AXS4.src.rpm
    MD5: 5033dc60c5804eb52b3c6a3aafa35ab0
    SHA-256: dbb97270fe179dbb387b360c0c2a1af2917da334306c10354fb43e754ff8bd8e
    Size: 681.05 kB

Asianux Server 4 for x86
  1. file-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: c819201f84b77a654ecaafbcbde5a580
    SHA-256: 3119989a29e73e6d8e3170499cb28889df5e5cc05137e2d8ebaff23e69c1b18b
    Size: 48.60 kB
  2. file-devel-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: 0df4650e80c09207b8bec18592b8dc4a
    SHA-256: 96e61b4f24a9d17b289f35d5d5d0817f486ea311b513654d2460ff0e393d0d17
    Size: 27.46 kB
  3. file-libs-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: 8f69583ae0b3380ddec7f0b38f488492
    SHA-256: 4be64833917659eb23b978a755f3faaaaa4fce9516de37b06d920fbe36705973
    Size: 319.27 kB
  4. python-magic-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: a7c939dc5c3e5e8e0997059205f5a614
    SHA-256: 1b0b17e9d272087c105b02783826f68302cd53f25d6d881e2c93f9e712be9ce7
    Size: 28.73 kB

Asianux Server 4 for x86_64
  1. file-5.04-30.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: b2de967ea1cdf17516b7cdf7d6d54d3e
    SHA-256: 14527dcd65a15b91e6928bcff47a2de5f99a1c001c887e5b58fdc4098df9cb2a
    Size: 48.34 kB
  2. file-devel-5.04-30.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: f0bf5691887c78f503797d6bc5e013b9
    SHA-256: 43196fcc2946cde6687766b8ba775a82b071c0d5ab6e578b4722bfbd1cdabdbf
    Size: 27.03 kB
  3. file-libs-5.04-30.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: 997f39b71e650dd05da4d25786801399
    SHA-256: a383892244cfb48e75a64294949897232d78b5f8255bb93b9eac3a4c7cf882f8
    Size: 315.82 kB
  4. python-magic-5.04-30.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: 7ca793400ab857b904a948f41054bd45
    SHA-256: 5cb1e9de47acfeaf9ebece09f571ceedc89e7134c8b129f11941e95b690682f0
    Size: 28.50 kB
  5. file-devel-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: 0df4650e80c09207b8bec18592b8dc4a
    SHA-256: 96e61b4f24a9d17b289f35d5d5d0817f486ea311b513654d2460ff0e393d0d17
    Size: 27.46 kB
  6. file-libs-5.04-30.AXS4.i686.rpm
    MD5: 8f69583ae0b3380ddec7f0b38f488492
    SHA-256: 4be64833917659eb23b978a755f3faaaaa4fce9516de37b06d920fbe36705973
    Size: 319.27 kB
Copyright© 2007-2015 Asianux. All rights reserved.