AXSA:2016-214:03

リリース日: 
2016/04/22 Friday - 09:15
題名: 
java-1.7.0-openjdk-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4
影響のあるチャネル: 
Asianux Server 4 for x86_64
Asianux Server 4 for x86
Severity: 
High
Description: 

[Security Fix]
- Oracle Java SE には,Serialization に関連する要因によって,リモートの
攻撃者が機密性,完全性,可用性に影響を与える脆弱性があります。(CVE-
2016-0686)

- Oracle Java SE には,Hotspot サブコンポーネントに関連する要因によっ
て,リモートの攻撃者が機密性,完全性,可用性に影響を与える詳細不明な
脆弱性があります。(CVE-2016-0687)

- Oracle Java SE には,Security に関連する要因によって,リモートの攻撃
者が機密性に影響を与える詳細不明な脆弱性があります。(CVE-2016-0695)

- Oracle Java SE には,JAXP に関連する要因によって,リモートの攻撃者が可
用性に影響を与える詳細不明な脆弱性があります。(CVE-2016-3425)

- Oracle Java SE には,JCE に関連する要因によって,リモートの攻撃者が機
密性に影響を与える詳細不明な脆弱性があります。(CVE-2016-3426)

- Oracle Java SE には,JMX に関連する要因によって,リモートの攻撃者が
機密性,完全性,可用性に影響を与える詳細不明な脆弱性があります。(CVE-
2016-3427)

一部CVEの翻訳文はJVNからの引用になります。
http://jvndb.jvn.jp/

解決策: 

パッケージをアップデートしてください。

追加情報: 

N/A

ダウンロード: 

SRPMS
  1. java-1.7.0-openjdk-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4.src.rpm
    MD5: b1544122f37a8b56d45fa3171204bf92
    SHA-256: 5b72b8123e226000f35ae9133857290e1d846706c170fa7078f8954b10b6a16c
    Size: 39.03 MB

Asianux Server 4 for x86
  1. java-1.7.0-openjdk-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4.i686.rpm
    MD5: 751762483cdbd30a2a1e539ab62976c4
    SHA-256: 89f18ec1defe0bcdc293fe842897ae2b68b7d77e883842d85eacfee2e1b7807e
    Size: 27.13 MB
  2. java-1.7.0-openjdk-devel-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4.i686.rpm
    MD5: 6e97523e0148dfb8db36b38e23744994
    SHA-256: a4ae4d17fc4dce79d14d1c88f20120a959c24b9bb41457acc388fe7ec7d4642b
    Size: 9.46 MB

Asianux Server 4 for x86_64
  1. java-1.7.0-openjdk-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: 233461835194a7f35bf3511dfd3e537d
    SHA-256: e577e7ac46405811a89633b98dd179b578a4b443c30b4c232af912ea00243d60
    Size: 25.92 MB
  2. java-1.7.0-openjdk-devel-1.7.0.101-2.6.6.1.AXS4.x86_64.rpm
    MD5: e69229d61388ec8afe6af3293977c386
    SHA-256: c0516e1197ebb959c77b01c0a8132e7aecff781a32e7a57ef17c930950b7b8a7
    Size: 9.45 MB
Copyright© 2007-2015 Asianux. All rights reserved.