AXSA:2016-119:02

リリース日: 
2016/03/01 Tuesday - 23:04
題名: 
openssl-1.0.1e-42.AXS4.4
影響のあるチャネル: 
Asianux Server 4 for x86_64
Asianux Server 4 for x86
Severity: 
High
Description: 

以下項目について対処しました。

[Security Fix]
- OpenSSL の ssl/s2_srvr.c は,無効にされた暗号の使用を妨げておらず,
SSLv2 トラフィックに対して計算を行うことにより,中間者攻撃を行う
攻撃者が暗号保護メカニズムを無効にしやすくする脆弱性があります。
(CVE-2015-3197)

- OpenSSL の crypto/bn/bn_exp.c の MOD_EXP_CTIME_COPY_FROM_PREBUF
関数は,べき剰余の計算中の間,適切にキャッシュバンクアクセス回数を考慮
しておらず,被害を受けるマシンと同じ Intel Sandy Bridge CPU コア上で
巧妙に細工されたアプリケーションを実行することによって,ローカルのユー
ザが RSA キーを発見しやすくなる脆弱性があります。(CVE-2016-0702)

- OpenSSL の crypto/dsa/dsa_ameth.c の dsa_priv_decode 関数には,
二重開放脆弱性が存在し,不正な DSA プライベートキーによって,リモートの
攻撃者がサービス拒否 (メモリ破壊) を引き起こす,あるいは詳細不明な他の
影響を与える脆弱性があります。(CVE-2016-0705)

- OpenSSL には,複数の整数オーバーフローが存在し,(1) BN_dec2bn ,
(2) BN_hex2bn 関数によって誤って処理される長い数字の文字列によって,
リモートの攻撃者がサービス拒否 (ヒープメモリ破壊,あるいはヌルポイン
タデリファレンス) を引き起こす,あるいは詳細不明な他の影響を与える
脆弱性があります。(CVE-2016-0797)

- OpenSSL で使用されている SSLv2 プロトコルは,クライアントが平文の
RSA データを所有していることを確認する前に,ServerVerify をサーバに
送信することを要求しており,Bleichenbacher RSA パディングオラクル,
別名 "DROWN" 攻撃を用いて,リモートの攻撃者が TLS 暗号テキストデー
タを復号化しやすくする脆弱性があります。(CVE-2016-0800)

一部CVEの翻訳文はJVNからの引用になります。
http://jvndb.jvn.jp/

解決策: 

パッケージをアップデートしてください。

追加情報: 

N/A

ダウンロード: 

SRPMS
  1. openssl-1.0.1e-42.AXS4.4.src.rpm
    MD5: e764f6313985437a0cfba0315bcc185a
    SHA-256: 70e8790ef0fa6581a9318194a238ee3293f70e4aca0198eb798d79a8f377602b
    Size: 3.07 MB

Asianux Server 4 for x86
  1. openssl-1.0.1e-42.AXS4.4.i686.rpm
    MD5: 663d90bf0b4be493d849d4683c3bc029
    SHA-256: 00c947d4df885dd0e7a512f396a3e4896e2bdf538e8fe3f87e9b8c3e145c9caa
    Size: 1.51 MB
  2. openssl-devel-1.0.1e-42.AXS4.4.i686.rpm
    MD5: 8074b387ea4dcfad707176c1b8d1b934
    SHA-256: a5696957bec47594d9a160e5bc2336891a9543a16fdec591b217759f5d52a741
    Size: 1.17 MB

Asianux Server 4 for x86_64
  1. openssl-1.0.1e-42.AXS4.4.x86_64.rpm
    MD5: 2c6f9d85965896cbce410b21de29383c
    SHA-256: 247f8fcf80d15e33335efb2986ff631d20d309253d6475c3e18fa4f4c2084bd4
    Size: 1.52 MB
  2. openssl-devel-1.0.1e-42.AXS4.4.x86_64.rpm
    MD5: de6ffcac5e560004a2621311c0059cff
    SHA-256: 3ac7a06101ce6ee6690fbf44bb8704c18a9560b74b3866bd9df6233d2c661ce1
    Size: 1.17 MB
  3. openssl-1.0.1e-42.AXS4.4.i686.rpm
    MD5: 663d90bf0b4be493d849d4683c3bc029
    SHA-256: 00c947d4df885dd0e7a512f396a3e4896e2bdf538e8fe3f87e9b8c3e145c9caa
    Size: 1.51 MB
  4. openssl-devel-1.0.1e-42.AXS4.4.i686.rpm
    MD5: 8074b387ea4dcfad707176c1b8d1b934
    SHA-256: a5696957bec47594d9a160e5bc2336891a9543a16fdec591b217759f5d52a741
    Size: 1.17 MB
Copyright© 2007-2015 Asianux. All rights reserved.